横浜外国人居留地研究会とは…

幕末に欧米諸国と結ばれた通商条約によって、横浜は外国貿易のために開港されました。開港場となった横浜には、現在の山下町と山手町に、外国人の営業・居住のためのエリアとして居留地が設けられ、貿易のみならず、西洋の産業・技術、生活・文化を取り入れる窓口となりました。横浜外国人居留地研究会は、居留地が国際都市横浜の発展に果した役割を研究し、その成果を市民文化や街づくりに活かすための活動を行っています。



このホームページはJimdoで作成されました

Jimdoなら誰でも簡単にホームページを作成できます。レイアウトを選んだら、あとはクリック&タイプでコンテンツを追加するだけ。しかも無料!
Jimdo jp.jimdo.com であなただけのホームページを作成してください。


2015年10月8日中区主催講座風景
2015年10月8日中区主催講座風景
2015年7月21日セント・ジョセフ・カレッジと私の家族の歴史
2015年7月21日セント・ジョセフ・カレッジと私の家族の歴史
2015年2月3日全国大会報告会
2015年2月3日全国大会報告会
9月16日山手居留地散策
9月16日山手居留地散策
6月3日外国人墓地清掃作業
6月3日外国人墓地清掃作業
3月11日外国人墓地研修
3月11日外国人墓地研修